ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ドバイで空飛ぶタクシーが実用化へ
TOP >  ドバイビジネス >  ドバイで空飛ぶタクシーが実用化へ

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

YN

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2017年6月29日

ドバイビジネス

ドバイで空飛ぶタクシーが実用化へ

日々進化し続ける近未来都市ドバイでは、次々と最先端商品が導入されています。今回は、そんなドバイの最新情報についてご紹介します。

 

空飛ぶタクシーで渋滞緩和

UAEの道路交通庁RTAは、世界で初めて空飛ぶタクシーの運行を開始する計画を発表しました。

参照:

http://gulfnews.com/business/renewables/dubai-is-embracing-electric-driverless-transport-big-time-1.2047118

空飛ぶタクシーとは操縦士無し、定員2名、最大重量100kgの自動飛行タクシーのことです。

今、ドバイに住む人々にとっても観光客にとってもドバイの道路渋滞は深刻な問題になっています。

 

例えば、

DWC(アール・マクトゥーム国際空港)からDXB(ドバイ国際空港)まで:62.3 km

通常:約40分

渋滞時:2時間弱

※シェイク・ザイード・ロードの使用想定です。

交通事故も多く、そうするともう時間は読めません。

 

この導入は、道路での渋滞の回避を実現できることを目指していて、ドバイ道路交通庁の責任者Mattaral-Tayer氏は、従来の信号待ちや渋滞でのストレス軽減や時間の短縮のために、2030年までに乗り物の4分の1を「自動運転」にしていくことを掲げています。

 

その他にもこんな最先端技術が!

ドバイでは今話題となっている最先端技術がもう1つあります。

ハイパーループワン社とドバイ政府が、ハイパーループ輸送システムをドバイ~アブダビ間に建設することを発表しています。約160キロメートルあるドバイ中心地~アブダビ中心地間を通常車だと約1時間30分はかかるところ、12分で走るのです。画期的な移動手段になることが期待できます。

 

ここがポイント

ドバイは世界一、世界初、最先端技術を積極的に導入している国だからこそ、急速に発展している都市でもあります。ドバイやアブダビでは政府機関主導で、スマートシティ化やクリーンエネルギーなどのエコシティ化事業を進めていて、次世代の先進技術の導入にとても意欲的です。

世界的に高いレベルを誇る日本の技術や製品の参入の窓口も、これからますます大きくなるのではないでしょうか。

ぜひ貴社の最先端商品や技術を輸出しませんか?ご質問やご相談、お気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×