ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  なぜドバイには
中国国外最大の中国の商業施設があるのか?
TOP >  ドバイビジネス >  なぜドバイには
中国国外最大の中国の商業施設があるのか?

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

イソロク

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年8月10日

ドバイビジネス

なぜドバイには
中国国外最大の中国の商業施設があるのか?

ドラゴンマートとは?

2004年にドバイにオープンした、中国本土外で世界最大の商業施設です。なんと敷地面積は約45,000坪を超え、約4,000もの店舗を構えています。

全長は1.2Kmもあり、最初から最後まで寄り道せずにあるいても約20分はかかり、1日約65,000人が来場します。家電製品をはじめ、文房具、生活用品、おもちゃ、衣類、建設資材など様々な商品があり、「この施設内で揃わないモノはないのでは?」と思ってしまうほどです。

 

image03

 

2016年2月にはドラゴンマート2がOPENしました。

さらに「ドラゴンシティー」と称し、今後ドラゴンマート6までの拡張計画があるというから驚きです。

 

image02

 

なぜドバイにあるのか?

 実はこのドラゴンマートは、中国とアラブ首長国連邦の政府間で、世界でも有数の貿易のプラットフォームとして戦略的に創られました。

ドバイは中東、北アフリカ、西アジアの中心に位置し、各国の貿易拠点として栄えています。

このように、貿易に有利な立地条件であることに加え、その商談は英語で行われることから他国からの買付もスムーズにできます。

 

ここがポイント

 中国はなぜ、ドバイにこのような広大な商業施設を築いたのでしょうか。

それはドバイの成長性に対する先見の明によるものだと思わざるを得ません。

 

ただ、これだけの規模の施設を築いても、未だ高品質な日本製品に対して優位性をもてないでいることも事実です。

 

圧倒的資金力が勝つのか、製品の質が勝つのか、という単純な話ではないのかもしれません、

ですが、この「日本製品ブランド」が持つ利点で、海外販路拡大のチャンスを最大限に活かすべきではないでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×