ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ドバイでパキスタン独立記念祭!?
TOP >  ドバイビジネス >  ドバイでパキスタン独立記念祭!?

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

YN

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2017年8月16日

ドバイ生活

ドバイでパキスタン独立記念祭!?

インターンのIZUです。私たちドバイで稼働するスタッフも日本のお盆休みに合わせて連休だったため、2日続けてドバイモールへ行って参りました。

8月14日は、パキスタンの独立記念日でした。ドバイでは、パキスタンの人口はインドに次いで2番目に高く、約40万人ものパキスタン人がドバイに住んでいると言われています。

ドバイで、そんな大きいコミュニティを持つパキスタンの祝日は、異国の地ドバイでも盛大に祝われました。13日から14日へ日付が変わる際、ブルジュカリファのイルミネーションがパキスタンの国旗に変わっていました。

また、14日のドバイモールは、パキスタンの国旗がプリントされた服で来た人、パキスタンの民族衣装を着た人で賑わっていました。

 

 

 

 

参考URL:ドバイの国籍別人口

https://www.guide2dubai.com/visiting/tourist-information/uae-population

 

パキスタン独立の歴史

ここで、パキスタン独立までの歴史を簡単にご紹介いたします。

19世紀は英領インド帝国と同一の政府下でした。第2次世界大戦はイギリスが勝利したものの、疲弊し、脱植民地化の流れが強まる中で、インド帝国も独立意識が強まっていきました。

その際、ヒンドゥ教とイスラム教の対立は激しさを増し、ヒンドゥ教はヒンドゥ教徒地域(インド)へ、イスラム教徒はイスラム教徒地域(パキスタン)へ強制的に移住させられました。このとき、両教徒間に数え切れないほどの衝突と暴動、虐殺が発生し、多くの人が命を落としました。

結果、英領インド帝国が解体し、1947年8月14日にパキスタンの独立、8月15日にインドの独立となりました。

 

この独立は非常に多くの命が犠牲になって、なされたものでした。

 

ここがポイント

私はドバイに滞在し、日々、『どの国の人も「自分らしく」生きることができる。全ての人が異文化を、受け入れ、尊敬しあう』

そのような雰囲気を日々感じています。多くの人がパキスタン人に対して独立記念の祝福の言葉をかけていました。

ドバイにいると、世界中に友達を作るのも夢ではありません。

この素敵な雰囲気を皆さんにも感じて頂きたいです。

この雰囲気は、ドバイに来てこそ分かるものです。皆様もぜひ、ドバイへお越しください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×