ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  オムツはプレミアム支持派が多い?!
ドバイのベビー用品とは。
TOP >  ドバイビジネス >  オムツはプレミアム支持派が多い?!
ドバイのベビー用品とは。

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

グローバルパートナーズ

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2017年1月31日

ドバイマーケティング

オムツはプレミアム支持派が多い?!
ドバイのベビー用品とは。

居住者の80%以上が外国人というドバイ、労働のためにドバイにいるという方々がほとんどですが、単身ではなく家族で暮らしている方もいます。

ショッピングモールを歩いていると多くのベビーカーを見かけます。ドバイはエレベーターやスロープが多いので、移動も楽ちんなので子連れででかけやすい場所ともいえます。

 

 

今日紹介するのは、ドバイで売られているベビー用品です。日本で見かけるよりも様々な国のオムツが並んでいます。日本品質の製品ですと、ユニ・チャームのオムツがBaby Joyという名前で販売されています。

 

 

日本で販売されている同社のムーニーと同じように、オリジナルキャラクタームーニーちゃんかディズニーキャラクターがプリントされています。

製造はアラブ首長国連邦の隣国、サウジアラビアでされており、価格は1枚1ディルハム(約30円)ほどです。日本でも人気のあるP&Gのパンパースは、同様に通常のテープタイプとパンツタイプの他に、高級仕様のプレミアムタイプが販売されています。日本ではすべてについている、おしっこが出たことがわかる色の変わるサインがプレミアムタイプのみにあることもあって、プレミアムタイプを支持する方も増えているようです。

 

 

ドバイで販売されているオムツの特徴は匂いです。おしりふきも同様ですが、香料などが使われており包装の上からでもわかるくらいの匂いがします。ベビーパウダーのような匂いがするものから、ドバイのお香屋さんで使われているような香りまで、製品ごとに分かれます。中には敏感肌用のもので、無香料をアピールして販売しているものもありますが、割合としては匂いがついているもののほうが圧倒的に多いです。

 

 

ここがポイント!

育ってきた環境や文化が異なる人々が、多く集まるドバイ。

日本に住む人とは異なる素材や機能が求められていることもあるかもしれません。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×