ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  中国国外最大ドバイの巨大中国系モールを現地駐在員がレポート!
TOP >  ドバイビジネス >  中国国外最大ドバイの巨大中国系モールを現地駐在員がレポート!

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

gp_admin

グローバルパートナーズ

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2017年5月12日

ドバイ生活

中国国外最大ドバイの巨大中国系モールを現地駐在員がレポート!

今回はUAE・ドバイの中国系巨大モール「ドラゴンマート」に行ってきましたので、みなさんにご紹介したいと思います。

ドラゴンマートの概要

ドラゴンマートは、中国本土以外の中国製品の最大の貿易拠点です。小売りも可能ですがこちらの施設はフリーゾーンで、中東および北アフリカ市場における中国製品の供給のためのゲートウェイとして2004年にオープンしました。ドラゴンマート1とドラゴンマート2があり、1は、家庭用品、家電製品、文房具、ランプ、建材、家具、ランプ、おもちゃ、衣服、スカーフ等の織物、履物など、一般消費者向けのマーケットになっています。

 

 

 

2は、映画館やレストランなどB to B向けのマーケットです。

 

 

ドラゴンマートは13年前にドバイの不動産開発社ナヒールと中国政府が協力をしあって出来たショッピングセンターです。だいたいのモノがここで揃うということで人気で、今では1日に65,000人もの来場者が訪れます。

参照:http://gulfnews.com/xpress/news/coming-soon-dragon-mart-2-1.1519126

 

ドラゴンマートの特徴

ドラゴンマートは、ドバイからオマーンに行く道路の途中にあり、ドバイに住んでいる人だけでなく、オマーンやGCC諸国から足を運ぶ人も多くいます。とにかく種類が豊富で、新居を購入した際やお店や会社を始めるような人たちが買い物にいきます。商品はmade in Chinaですが働いている人は、インド人やフィリピン人が多く働いているため、施設内はそこまで中国色を強く感じません。

 

ドバイ内のモールとの比較

UAE・ドバイ内のモールは、世界各国のブランドが集結しているので、ウィンドウショッピングをしている人も多く見かけますが、ドラゴンマートは実用的な買い物をしにいく人がほとんどです。日本でいうホームセンターに行くような感覚でドラゴンマートには足を運んでいる人が多いのかもしれません。

 

ここがポイント!

安いものをたくさんの商品から選びたい場合はドラゴンマートに行けば安い中国製品が買えるというブランドを確立しています。我々はドラゴンマートの日本版を目指しています。高品質で高機能な日本商品に出会いたければJTCに行けばいい、というようなイメージです。日本のものをドバイやGCC、MENASA、そして世界に広げていきたいと考えている企業様がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×