ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ドバイ国際ボートショー 2019
TOP >  ドバイビジネス >  ドバイ国際ボートショー 2019

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

グローバルパートナーズ

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2019年3月07日

海外展示会

ドバイ国際ボートショー 2019

こんにちは、ドバイ駐在員の九門です。      

先日ドバイ国際ボートショーを見てきましたのでその内容をレポートします。

 

今年は2月26日(火)~3月2日(土)に行われました。「ボートショー」と聞くと、ボートのエンターテイメントショーが行われるのかと思われがちですが、実は中東最大規模のマリーン関係の展示会なのです。今年で第27回目、ジュメイラ通り沿いのドバイカナル(Dubai Canal)で開催されました。800社以上のブランドと450種類のボートやヨットが展示されており、毎年約28,000人の来場者がこのドバイ国際ボートショーを見に来られます。

 

取り扱われている品目:

レジャークラフト、ヨット、水産、造船・デザイナー、ボートメキャニクス・エレクトリック、安全機器、チャーター・観光、マリンラグジュアリー・ライフスタイル製品・サービス、ボート建設・修理・機器、ナビゲーション・コミュニケーション、釣り、セーリング、ダイビング

 

出展社業種:

ボート、ボート用品、各種小型船舶、スポーツ(用品・施設)、観光・旅行(施設、用品等含む)、その他の産業用機器・設備、電気・電子(製品、機器)

 

 

 

 

 

野外エリアは直接港にもなっており、陸の上での展示とポートに駐船状態で展示されているのもありました。今年特に注目されたトピックは「Sustainability(持続可能性)」でした。会場ではソーラーパネルが付いたボートが多く、また購入を検討される人達はみなエンジンにも新しく持続可能機能がないかというようなことを聞いてらっしゃっていたそうです。

アブダビの王族がトップ50に入るボートを8台所有、そして世界のヨットオーナーの80%以上がアラブ人と言われていますが、GCC国民はボートやヨットを所有している事を周囲にあまり知られたがらない傾向があるそうです。高級車や豪邸に住む事と同じ様にステータスとして周囲にお披露目するのではなく、真意の娯楽として所有するのだそうです。

 

我が社では、ドバイ現地スタッフが常にドバイの動向をチェックしております。ドバイを中心として現地に根差した市場調査や市場を深く理解することを目的とした現地視察も行っています。何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×