ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ドバイからイラン人食品関連バイヤーが来日!
TOP >  ドバイビジネス >  ドバイからイラン人食品関連バイヤーが来日!

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

システム奉行

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年7月14日

GP

ドバイからイラン人食品関連バイヤーが来日!

ドバイから、イランとアラブ首長国連邦を拠点に活動するバイヤーが、視察及び商談のために来日し、弊社社員のアテンドで、飲料、食品、キッチン用具関連の企業様数社に訪問しました。

 

air_plane

 

どんなバイヤー?

イラン出身で、17年間ドバイの5つ星ホテルでシェフを務めていたというかたで、アラブ首長国連邦のシェイク・ムハンマドのシェフを2年間務めた経験もあるそうです。

その後、食品と業務用厨房機器・調理器具の輸入・再輸出の会社を設立。シェフ時代の経験と人脈を活かし、現在は5つ星ホテル、高級レストラン、ファーストフード店やスーパーマーケットに向けて、主にイタリア、ドイツ、米国、トルコ、インド、中国から仕入れた商品を卸しています。

 

日本との取引経験は?

以前から日本の商品の取引をしたいと思っていたようですが、アプローチしても日本企業が英語が話せず、そのことが理由で商談まで進めなく断念していたようです。

 

イランマーケットの魅力とは

弊社では合計6社の日本企業様とバイヤーの商談サポートを致しました。その中で彼はイランマーケットの魅力を語ってくださいましたのでポイントをまとめて紹介します。

①競合が少ない。

経済制裁が解除されたばかりで、特に米国企業の参入にはまだ時間がかかる。また、外国企業がほぼゼロで競合が少ないことに甘んじて、イランローカル企業が質の悪い食品を販売している。このことから、日本の質の良い食材には非常にチャンスを感じている。

 

② 近年購買力が高まっている

例えばASEANの平均的な一人当たりGDPは約3,500USドルに対して、約5,000ドルと上回っています。今回のイランバイヤーが言うには、日本で100円均一で購入できるような中国製の食器にイラン人は10,000円を払うよ。と言ってました。

 

③ 人口が多い

アラブ首長国連邦の人口が945万人であるのに対して、イランは7850万人。絶対値としての消費者数が多い。 以上の3点からイランマーケットは彼にとっても非常に魅力的な市場だと語っておりました。

 

ついに来日が決定!

多くの日本企業は英語が話せない・・・この理由で日本企業との取引をあきらめていたようですが、私たちの会社のドバイ拠点「Japan Trade Centre(常設展示会場兼オフィス)」にいらした際、日本人スタッフが英語で対応していたことに、まず信頼をおいて頂き、今回、食品や業務用厨房機器・調理器具関連企業6社との商談を目的とした来日が実現しました。

 

13689654_1063668003722217_737228702_n

 

 ここがポイント!

 

ドバイには貿易のハブとして、このようなイランから来たバイヤーも多くいます。確かに、イランは経済制裁が解除されたばかりで不安要素も残る市場ですが、優良バイヤーと組むことでイラン市場の開拓も容易になるのではないでしょうか?

私たちも、今後のイラン市場に注目してまいります!

 

iran-MMAP-md

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×