ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ラマダン2019 一か月後に迫る!
TOP >  ドバイビジネス >  ラマダン2019 一か月後に迫る!

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

グローバルパートナーズ

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2019年4月20日

ドバイ生活

ラマダン2019 一か月後に迫る!

こんにちは、ドバイでインターンをしていますAkikoです。

4月下旬になり、日本では桜が散っているころでしょうか。こちらドバイ市内ではあちこちで「RAMADAN SALE!」の言葉をよく見る時期になりました。

ラマダンまで一か月を切った今、人々は断食前のショッピングにお忙しです。

 

ラマダンとは、ヒジュラ歴の第9月で今年は5月5日から6月4日の約一か月間となります。日の出から日没までの間は食事ととらず、水も飲みません。その他の欲も絶ち、ヒジュラ歴のお正月に備えて心身を整えるとされている期間です。

日没から日の出までの間だけ食事をします。日没後の食事であるイフタールを親戚家族と囲んだり、モスクやレストランで大勢の人とともにご飯を食べたり、深夜3時まで開いているモールで日没後の時間を過ごしたり、皆が一体となってラマダンを過ごします。ドバイは日本と比べて普段から夜型の街ですが、ラマダン中は日が落ちた後に本格的に行動する人が圧倒的に多くなるので、夜の賑わいが一層華やかになります。

 

イフタールの様子

引用:.khaleejtimes

 

ドバイのラマダンでは、ムスリムでなくとも日中屋外での飲食は罰金になりますが、モールのフードコートや観光客の多いお店は断りの看板を掛けたうえで営業しているので、周りに配慮がされた環境での食事が可能になっています。ドバイのような国際的な都市にいてもその土地の文化を受け入れて行動することは大切なことだなあと感じます。

 

私自身、初めてのムスリム圏内で過ごすラマダンなのでとても楽しみにしています!友だちと一緒に訪れる予定のモスクや現地人の家でのイフタールなど、彼らとともに過ごすラマダンに今からわくわくしています。

 

弊社では、そんな現地のことを知るきっかけを作る視察ツアーを実施しています。現地の人はどういうものが好きなの?何が流行りなの?といったトレンドを探る近道です。この記事を気に入った方は是非いいね!をお願いします。

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×