ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  展示会で世界有数の近未来都市・ドバイの「都市景観」展望を知った!
TOP >  ドバイビジネス >  展示会で世界有数の近未来都市・ドバイの「都市景観」展望を知った!

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

YN

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2017年9月15日

海外展示会

展示会で世界有数の近未来都市・ドバイの「都市景観」展望を知った!

連休となった「イード・アル・アドハー」も終わり、ドバイのビジネスが活発になってくる時期がやってきました。ドバイ最大の展示会場ドバイ・ワールド・トレード・センター(DWTC)でも様々な展示会が始まります。

9月最初の展示会として開催された「Cityscape」に行ってきましたので、今回はその内容をご紹介します。「Cityscape」とは、直訳で「都市景観」という意味ですが、未来のドバイの都市開発プロジェクトが発表されるのと同時に、そのプロジェクトへの投資、不動産取引が行われます。

 

NEWプロジェクト続々登場!

2020年のドバイ万博開催が2013年に決定してからドバイは一丸となって2020年を1つの目標にあらゆる分野で開発が進められ、ドバイ経済が盛り上がりをみせています。2020年ドバイ万博への訪問者予想数は2,500万人で、万博史上初めて、訪問者の70%以上が開催国外からの来場者になるといわれています。観光産業もそれによる利益を現在の3倍にする観光戦略を推進しています。

引用元:http://www.ipsnotizie.it/wam_en/news.php?idnews=11367

 

ドバイでは国内外の数多くのディベロッパーが商業施設やホテル、レジデンスなど多くの建設を進めていますが、展示会場ではどちらも模型を使ってプロモーションをしていたのでドバイの未来予想を立体的に知ることが出来ました。

世界一高い建物『ブルジュ・カリファ』がありながら、さらに高いタワー『ザ・タワー』、世界一の面積を誇る『ドバイ・モール』がありながら、さらに大きい『メイダンモール』、その『メイダンモール』の中には、世界一長い屋内スキー場など、革新的なアイデアのものばかりです。

 

 

気づいたこと

今回、不動産事業に興味を持つ多くのアラブ人と話ができました。彼らは他に仕事を持っていて、不動産投資はプライベートで行っているという方がほとんどでした。日本人のように、リスクを避け、手に入れたお金を銀行に入れるという考え方は、極めて珍しいらしく、アラブ人は自分のお金を投資に費やしそれを増やそうとします。昔から有名であったアラブ人の商人としてのDNAが今でも引き継がれているのでしょうか。とにかく、彼らの購買能力の高さをまじまじと実感しました。

 

ここがポイント

世界中の人たちがドバイの未来に期待し、先行投資を行っています。ドバイのお金は流動性があり、ドバイに来て下されば肌で感じてくださることができると断言できます。是非、ドバイに来てドバイ市場の巨大さを実感してください。当社では、観光案内も含むビジネスツアーも行っております。お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×