ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  VAT導入開始!
TOP >  ドバイビジネス >  VAT導入開始!

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

仲岡祐衣

YN

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2018年2月21日

ドバイ生活

VAT導入開始!

UAEで2018年1月1日より、VAT(付加価値税)導入が開始されました。

タックスヘイブンと呼ばれたドバイもとうとう、VATを導入するという記録的な年となりました。

このVAT導入によりつり銭不足が相次いでいるUAEですが、今回、身近なもので何に課税されるのか調査してみました!

https://www.khaleejtimes.com/business/vat-in-uae/abu-dhabi-clarifies-small-change-issue-on-vat-charges-

 

何が具体的に非課税対象なの?

現在、発表されている非課税対象のものは

・教育費

・医療費

・法人税(課税対象となっているのは外国銀行支店と石油・ガス・石油化学会社のみ)

・所得税

・100品目の食品

・メトロ、バス、バスなどの交通機関

・国際、国内旅客機チケット

です。しかし、教育費といっても、授業料は免税であるが、シラバス上のスクールトリップは5%など細かく決められています。

わかりやすい表を見つけましたので、添付いたします。また、JETROも日本版を発表しているのでご覧ください。

URL:  https://www.khaleejtimes.com/business/vat-in-uae/pay-vat-on-these-goods-and-services-in-uae

 

JETROウェブサイトURL:https://www.jetro.go.jp/world/middle_east/ae/invest_04.html

現地の暮らしは?

現地の生活は、お金の計算が少し複雑になりましたが、もともとスーパーマーケットに売っている生鮮食品が日本よりも断然に安いため、なんとか生活ができています。

また、日本のような全てのものが一律課税対象になったわけではなく、移動に使うものや、ある程度の生活に必需な食品は免税なので、VATによって生活が一気に変わったということはあまり感じておりません。

ただ、ブランド物などはできるだけUAE国外に出るときの空港で、又はバーゲン中に買うように心がけています(笑)

 

ここがポイント!

現在バーレーンや、クウェートなどその他のGCC国ではVATを10%まで引き上げる計画もあると発表されています。現在、GCC諸国では石油収入への依存だけではなく、多方面での収入を目指しております。そのため、これからどんどんビジネスも活発化していくと考えられます。随時、新しい情報を入手次第、お伝えしていこうと思います。

何かご質問などがございましたら、お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×