ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ドバイ駐在員が見た現地ハラルとは
TOP >  ドバイビジネス >  ドバイ駐在員が見た現地ハラルとは

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

グローバルパートナーズ

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年4月27日

ドバイ生活

ドバイ駐在員が見た現地ハラルとは

そもそもハラルとは

イスラム教徒の言葉で「許された行為」を言います。 飲食料、化粧品、衣類、中には物流など色々なことに「ハラル(ハラ―ル)」という考えが適用されます。 日本で「ハラル」と言えば、食品を指すことが多く、許された行為である事から、食べられると許可されているモノがハラル、禁じられたモノがハラーム(ハラム)と言います。

ドバイでの食品におけるハラル(ハラール) ハラル認証とハラルマークについて

ドバイ ハイパーマーケット    

駐在員が見た現地の飲食料

まず、現地のスーパーやコンビニで市場調査や買い物をするとすぐに気付いた事があります。 それは多くの商品に「ハラル認証やハラルマークが無い」という事です。

ハラル認証が付いていない理由

ドバイがあるアラブ首長国連邦はイスラム教を国教としております。 また、同国は国土のほとんどが砂漠であり、農業に向かない地域のため、さまざまな飲食料が輸入されています。 輸入食品に対する検査は非常に厳しく、輸入するタイミングでハラルかどうか判別をしており、禁止された成分が入っている場合は、そもそもドバイの一般市場で流通させることができません。 (一部のレストランやスーパーのノンムスリムコーナー等ではお酒や豚肉の販売が許されています。) そのためドバイの一般市場に並ぶ飲食料は「基本的にハラルである」という事になります。 特別な場合(食肉や畜肉エキスが入っている場合など)ハラルマークは必要となります。

 

ドバイ ハイパーマーケット 日本食品コーナー  

禁止された成分ってなに?

アルコール、キノリンイエロー、アマランス、パテントブルーV、チクロなどの成分が禁止とされています。(Dubai Municipality*より抜粋) 弊社では2015年に約60品目以上における飲食料を現地で販売できるように、Dubai Municipalityという機関に商品登録を行いました。 実際のところルールブックに書かれていない成分でも指摘が入ることがありますので、商品登録を進めてみなければ現地で販売できるモノなのかは明確に分かりません。 例えば、アミノ酸は原料の記載をしなさいという指摘がほとんどのケースで入ります。(理由はアミノ酸は多くが動物性由来の成分である事が多いため) *Dubai Municipalityとはドバイ市政庁を指します。 NG    

ドバイで販売をするためにはどうしたらいいの?

現地で飲食料を販売するためには、Dubai Municipalityへの商品登録が必須となります。 商品登録が出来るのはインポートライセンスを持っており、かつDubai Municipalityのアカウントを保有している企業に限られますので、日本企業が現地で商品を販売する方法としては、大きく2種類となります。 ①インポートライセンスを持った現地法人を設立する ②現地のパートナー企業を開拓し、商品登録をやってもらう(もちろん弊社でも可能)

 

Dubai minusipality  

まとめ

日本のような国では、ハラルマークが商品についていないと、「一体何が食べれるモノで、何が食べれないモノなのか分からない」ため、ハラル認証を取得し、商品にマークを付ける必要があります。 ドバイのような国では、「そもそも並んでいる商品が食べれるモノ」なので、商品にマークを付ける必要がありません。(もちろん販売促進・強化のためにはマークを付けることはメリットとなる場合があります) 結論としては、ハラル認証を取得すべきかどうかはバイヤーに確認するのが良い。と考えます。 なぜなら、売れる商品にするためには、味や成分やパッケージなどを現地に合わせて変更するかもしれませんし、現地で卸先が決まっても最初は売れないかもしれません。 売れるかどうか分からない状態で、先に味もパッケージも固めてしまい、ハラル認証の取得に何十万から何百万円、何ヶ月もかけて先行投資をするのではなく、まずは市場調査、商談、サンプル販売など、現地で営業活動を行い、売れるポイントを掴みながら、商品をローカライズしていく方法を取るべきです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×