ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  カタール航空を利用しての一時帰国。(前編)
TOP >  ドバイビジネス >  カタール航空を利用しての一時帰国。(前編)

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

システム奉行

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年9月26日

ドバイ生活

カタール航空を利用しての一時帰国。(前編)

ドバイからの一時帰国

こんにちは。

Tです。つい先日までイード休暇を利用し日本に一時帰国してきました。

 

ドバイと日本を行き来する際はエミレーツ航空を利用することが多いのですが、いつも検索に出てくるカタール航空が気になり、ドバイ同様ハブ空港として機能しているドーハのハマド国際空港を見てみたいということもあり、今回はカタール航空を利用しました。

 

ちなみにイード休暇というのはイスラム教で定められた宗教的な祝日のことをいいます。

1年に2度あります。

ラマダン明けのイード・アル=フィトルという休暇と今回のイード・アル=アドハー(犠牲祭)です。

 

この祝日は通常お酒を提供しているホテルのバーやレストランであってもお酒の提供は禁止され、大きな音のショーなども禁じられています。

 

この休暇を利用して帰省や旅行に行かれた駐在の方も多いのではないでしょうか。

 

さて、話をカタール航空に戻します。

 

flj13110303

 

飛行機に乗ると必ず見なければならない機内安全ビデオ。

サッカーのユニフォーム来た人たちがたくさん出てきてコミカルなストーリーの安全ビデオだったので、随分お金かけているな、くらいに思って見ていたのですが、カタール航空がスポンサーとなっているFCバルセロナの中心メンバーが出ていると話題になったものだそうです。

私は全く詳しくないのでその価値をわかっていませんでしたが、後で知ってサッカー好きの周りの人にこの話をしたらみんなすごい!と。

確かに何度も飛行機に乗っている人は重要とわかりながらもちゃんと見なかったりしますよね。

それが思わず見入ってしまうビデオでした。

ご興味のある方はぜひこちらをどうぞ。

≫Qatar airways safety video≪

https://www.youtube.com/watch?v=WS2CQQfQzEM

 

機内食もとても良かったです。

味ももちろんですが、カラトリーと器が良かったです。

他社のエコノミークラスはフライトの重量削るためにプラスチック製のカラトリーを使っていますが、カタール航空はエコノミークラスでも金属製のカラトリーが使われていました。メインの器の蓋もアルミホイルではなくカタール航空のデザインで上品な蓋。アルミホイルの蓋だと水滴が垂れるのが個人的には機内食の嫌なところなのですが、この蓋の場合その心配はないのです。

デザインもかわいく機能性にも優れ、味もおいしくとても満足できました。

 

katar_image02

 

写真は成田-ドーハ間の1食目の写真です。日本食を選択しました。

katar_image01

こちらはメインの蓋を開ける前です。

今回は、伝えたいことも多くなってしまったので明日も引き続きレポートしたいと思います。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×