ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  海外ビジネスがしたい!
最初に考えるべき事とは
TOP >  ドバイビジネス >  海外ビジネスがしたい!
最初に考えるべき事とは

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

f.b

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年8月02日

ドバイビジネス

海外ビジネスがしたい!
最初に考えるべき事とは

ドバイの市場性とは

弊社が注目しているドバイは世界の貿易ハブの機能を担っており、周辺諸国の経済の要となっております。

現在、ドバイへ進出をしている日本企業もまだまだ少なく、新興国であることから先行者利得を多く有している場所でもあります。

 

ですがその一方で、我々日本人の目からするとドバイはまだまだ未知な部分が多い国にうつるのではないでしょうか。

 

それは、日本からの物理的な距離がある以上に、MENASA地区の多種多様な人種が入り混じっているドバイの文化や習慣は日本とはかなり異なっていることもその一因になっていると考えられます。

 

海外進出のジレンマ

市場の情報が乏しいということは、海外事業の旗振りを担っている方にとって、必要な情報がそろわないままに事業開始の決断も出来ないばかりか、そもそも事業計画の組み立ても満足に出来ません。

 

海外事業に限らず、進出対象となる市場のマクロ情報とミクロ情報を掴む、その上で、自社製品の可能性を探り、進出の指針を組み立てなければいけません。

 

business_image01

 

そうはいっても、駐在員を置くような費用をかけるとなると初期投資がかさむことは容易に想像ができます。ですが、そうではなくビザ発行なしの短期滞在の期間で情報を収集しようとすると、よほど運が良くない限り求めている情報はキャッチできるものではありませんし、そもそもその得られた少ない情報と可能性に任せた決断は長期的な事業計画を立てるにはいたりません。

実際、現地での宗教・習慣の違いにより、日本でのビジネススタイルが現地では通用せず、困惑しているうちに、全く情報を得ることができないまま帰国することも少なくないでしょう。

 

そんなことをいくら繰り返していても、実際に進出するまでの見通しがいつ立つのか分かりません。

そして、気付いた時には莫大な投資をしたにも関わらず、結果的に何も残らなかったという事になりかねないのです。

 

ここがポイント!

弊社ではドバイに駐在員をおいており、マクロからミクロまでの市場情報をお伝えしております。

貴社自らが海外に出向き市場調査をするよりも、初期費用を抑えながら現地の情報を収集することが可能なサービスを提供しております。またそれに加えて、弊社が積み上げてきたノウハウを交えてのアドバイスも可能となっております。

是非、弊社と一緒に海外進出を目指しましょう!少しでも気になった方は弊社へお問い合わせください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×