ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  鶴原 絵理奈
TOP >  先輩の声 >  鶴原 絵理奈

先輩の声

鶴原 絵理奈Erina Tsuruhara 勤務地:ドバイ

グローバルパートナーズはどんな会社ですか?

「ヒト」が大きく育つ会社です。
私自身、サービス業界からの転職で、営業に関しては右も左も分からずでした。
過去に数々の実績を積んできた先輩社員の指導や何でも話せる頼れる上司がいること。
そんな風通しの良さと、自ら考えて率先して動き、
どうしたら物事が円滑に進むのかを日々考えさせられる職場環境が、大きく自己成長させてくれます。

 

 

 

 

現在はどのような仕事をしていますか。

中東のハブとなるドバイという地で、まだ認知のない日本食品を広める営業活動をしています。
日本で良しとされるもの、当たり前のように食べられているものが、
文化も食習慣も違えば全く受け入れてもらえずで、食べ物だからと言って、一筋縄ではいかない商材です。
どうしたら現地の人たちに受け入れてもらえるか、どう認知づくりをしていくべきかなど、外国人シェフやバイヤーとの日々の商談の中で、常に考え方法を模索しています。

 

 

 

今携わっているお仕事のやりがい、グローバルパートナーズという会社で働く面白みはどんなところにありますか?

考え抜いて出したアイディアや提案が、現地の人たちに受け入れられ、結果として結びついた瞬間にやりがいを感じます。
商談の中で、外国人のもつ、日本人にはない感性や捉え方からヒントを得ることもあります。
「常にどれだけアンテナを張れているか」ここが一つの決め手になるかと。
単に仕事をこなすのではなく、自分で何かを一から作り上げる。営業職ですが、クリエイティブなことが出来るのも魅力だと思います。
いずれ「○○を中東で広めた人」で歴史に名を刻めたら嬉しいですね。

 

 

 

入社後身についたスキルを教えてください。

圧倒的に前と変わったと自身で感じるのは、
「ヒアリング力」「課題発見力」「行動力」です。

相手の話を聞いて、その人を目標到達までに導くには、
現状どんな課題があるのか、そこで私が出来ることは何なのか。
何をやるべきかが明確になれば、後はやりきるのみです。

 

働く上で、どのようなマインドが重要だと思いますか?

利他の心だと思います。
相手の為に、何が出来るのか。その視点を持つことで、発見できるものがあり、自ずとやるべきことが見えてくるはずです。

 

 

 

就活生に向けて一言

まだ自分のやりたいことが明確でない方も多いと思います。
正解はないです。ただ、自分が選んだ道を正解にすればいいだけです。
常識だったものが、国が違えば非常識になることもよくあります。人が作ったものは全部、もう一度自分で作り直せます。日本をより笑顔にできる「ヒト」になってください。

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×