ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ドバイ駐在員がレポート:ドバイのラマダン
TOP >  ドバイビジネス >  ドバイ駐在員がレポート:ドバイのラマダン

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

gp_admin

グローバルパートナーズ

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2018年6月26日

ドバイ生活

ドバイ駐在員がレポート:ドバイのラマダン

約1か月のラマダンが終了しました!ドバイでは公務員の就労時間が短縮されたり、民間企業でもムスリムに配慮した措置が取られたりするので、ビジネスはスローになります。日本の会社員たちはこの期間、溜まっていた仕事をこなしていきます。

 

本日はドバイのラマダンについてご紹介します。

 

 

仕事をしているとお茶やコーヒーなしで商談するというシーンももちろんあります。そういう場にいると口臭が気になるということがよくあります。それも断食をして12時間も過ぎると、結構強烈なものになります。夜中にありとあらゆるものをドカ食いし、そのあとずっと食べないでいるため、体のいたるところから老廃物が排出されているのでしょう。

イスラム教の学派によっては、「神のもとで断食をしている方の口臭は、ムスク(香水)よりも良い」と考える人もいて、ムスリム同士はその口臭を自覚していたりします。

我々日本人は、自分の口臭を自覚したまま相手と話すことに抵抗を感じますが、こういったことも文化の違いの一つなのかもしれません。

 

ラマダンにドバイに行くことは?

ラマダン期間中、日中ほとんどの飲食店が閉鎖され、モール内も殺風景になります。このときばかりは、外国人もムスリムに配慮した生活を送ることになります。

ラマダンが明けると、イフタール(断食明けの食事)があります。各ホテルがイフタールを提供しており、普段なら1万円するような高級ホテルのビュッフェが半額以下で食べられるなんてことも…。外資系のホテルであってもこの時期ばかりは、太っ腹になり、写真映えするような豪華な料理を用意します。

その後は、きらびやかに装飾がなされたモールへ行きます。モールはラマダン時期、夜遅くまで開いているので、多くの人たちが家族でモールへいきます。まるで日本のお正月が1か月続いているような感じです。特別な期間とはいえ、小学校入学前後の年齢層と思われる子供たちまで夜な夜なモールを歩いています。日本で規則正しい生活の中で育った私は、勝手に、子供たちの健康を心配してしまいます。

 

 

 

ここがポイント!

本日は、ドバイのラマダン情報を日本人(非ムスリム)の視点から解釈したものを紹介させていただきました。非常に過酷に見えるラマダンですが、海外にいるエミラティもできるだけ帰国したり、外国人労働者も自国に帰国したりして、家族や友人と過ごせるように努めます。そのため、ムスリムにとっては、人と人との連帯を感じることのできる楽しみな期間であるそうです。それを聞くと、UAEに住むムスリムたちは、ドバイという超現代的な町に住んでいても、日本社会が忘れかけている「人とのつながり」を大切にしているのかもしれないと感じました。

 

さて、ラマダンも終わり、これからビジネスもだんだん活発になっていく時期です。わが社のスタッフも新たに気合を入れてスタートを切りました。ドバイという常に移ろいを見せる場所で、新しいビジネスを生み出しませんか。わが社では、知識と経験豊富な、外国人を含めた駐在員がドバイでの販路開拓をサポートいたします。ご質問などがございましたら、気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×