ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ドバイの年越しカウントダウン!?
TOP >  ドバイビジネス >  ドバイの年越しカウントダウン!?

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

仲岡祐衣

YN

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2018年1月10日

ドバイ生活

ドバイの年越しカウントダウン!?

明けましておめでとうございます。

今回は、ドバイの年越しをご紹介いたします。毎年、派手な年越しカウントダウンで有名なドバイですが、みなさまも動画サイトなどで、世界一高いビル「ブルジュ・カリファ」から噴き出る花火を見たことがあるかもしれません。

しかし、今年は1カ月も前から花火を打ち上げないと発表されており、どんな年越しカウントダウンになるのかSNS上で話題になっていました。当日までのサプライズで、ドバイに住む人ですらわかっていませんでした。

年越しカウントダウンでギネス記録!?

今年は、花火ではなくレーザーを用いた光と音のショーが行われました。最初にアラブ首長国連邦(UAE)の創設の父とも呼ばれる、シェイク・ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤン(Sultan Al Nahyan)が映し出され、今年がその生誕100周年であることが祝われました。その後、GCCの国旗も映し出されアラブ連合の力強さを訴えていました。

今回このEmaar(※1)による「Light Up 2018 」は、単体の建物で行われた最大の光と音のショーという名目で、ギネス記録を更新しました。これは、面積が10万9,252平方メートルで、2013年にギネス認定され、これまで記録を保持してきた香港のICCビルディングの2倍以上の面積となりました。

 

 

ドバイのカウントダウンで、花火を用いなかったのは初めての試みでしたが、観客は非常に魅了されていました。

有害な煙を大量発生する花火から、この演出に変更することで、ドバイのクリーンな社会づくりを象徴しているようにも感じました。常にイノベーティブなドバイの姿を、新年から見させていただくことが出来ました。

(※1)Emaarとは、アラブ首長国連邦の政府系不動産開発ディベロッパーで、中東最大級の規模を誇ります。ドバイでは、ブルジュ・カリファ、ドバイモール、マリーナモールの開発をしました。

 

ここがポイント!

ドバイはイスラム圏です。イスラム教徒は、1月1日のお祝いはしません。私の学んでいたヨルダンでは新年早々期末テストが始まり、涙ながらに机に向かっておりました。このように、新年のお祝いを盛大に行えるのは、多くの外国人が集まり、他の文化を尊重するドバイならではなのかもしれません。

今後も、ドバイの情報をいち早く伝えていきたいと思います。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×