ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  ドバイEXPO 2020年に向けて
TOP >  ドバイビジネス >  ドバイEXPO 2020年に向けて

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

仲岡祐衣

YN

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2017年7月07日

ドバイビジネス

ドバイEXPO 2020年に向けて

2020年、ドバイで万博が開催されます。日本もこの万博に公式参加することが決定されています。UAEでは国を挙げて、さらなるインフラの整備、雇用創出に取り組んでいます。ドバイ万博開催により、貿易と観光を中心にUAE全体で288億ドルの経済効果をもたらすと見られており、また2020年までに年間2,000万人のドバイへの旅行客数を目標に掲げています。日本政府観光局によると、2016年の日本全体での観光客数が2,400万人であるので、埼玉県と同じぐらいの面積しかないドバイにとってこの目標がいかに大きい数字なのかが分かります。

UAEパビリオンに105億9,000万円!?

2017年7月4日付のGulf Newsによると、かの有名な世界一高い「ブルジュ・カリファ」なども手掛けた建設会社Arabtecがドバイ万博のパビリオンを建設する契約をUAE政府と結びました。その価格は3億5,300万ディルハム(約105億9,000万円)。

パビリオンのデザインを手がけたのは、2004年アテネオリンピックのスタジアムも建設したスペイン人建築家Santiago Caltravaで、計11種類のデザインから選出されました。

 

 

ArabtecグループのCEO・Hamsh Tyrwhitt氏は、ドバイ金融市場へ向けて、「(万博の)UAEパビリオンは持続可能な輝かしい未来に向けた我々のロードマップの一つとなります。私たちのコアマーケットであるUAEに焦点を置いた戦略として社会インフラの発展と社会基盤を整備することにコミットする」と語っています。

 

参照URL:http://gulfnews.com/business/sectors/construction/arabtec-wins-dh353m-uae-pavilion-contract-for-expo-2020-1.2052922

ここがポイント

ドバイは2020年のドバイ万博を1つのビジョンに新事業がどんどん進んでいます。弊社のドバイオフィスもドバイ万博開催場所であるドバイサウスという場所に位置しており、日々万博に向けて変わっていくドバイをそばで見ております。

上記のニュースは1つの例であり、そのほかにも大規模取引が毎日行われております。

弊社では、日本企業の市場視察やメーカー周り、商談イベントなどを定期的に行っております。日本のモノやサービスをドバイで売るという事業を一貫して行っております。さまざまなビジネスチャンスが身近に存在する中東市場にご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×