ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  スイーツだけではない
UAEで人気の日本のある商品群
TOP >  ドバイビジネス >  スイーツだけではない
UAEで人気の日本のある商品群

ドバイビジネス

中東で日本製品への信頼が年々増加していますが、UAEのある市場においては日本がトップシェアを占めています。

それは、炭酸飲料を中心とした清涼飲料水の業界です。

どこのスーパー やハイパーマーケットへいっても必ずと言っていいほど、日本の清涼飲料水を目にします。

 

 

数値的に見ても2015年日本から対UAEへの輸出品目1位が清涼飲料水となっています(輸出額54.1億円)
参照URL:
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/nousui/pdf/country14.pdf

 

「オロナミンC(大塚製薬)」などの炭酸飲料のほか、「ポカリスエット(大塚製薬)」や「レモンウォーターやスポーツウォーター(ポッカコーポレーション)」などのスポーツドリンク、エナジードリンクの「リポビタンD(大正製薬)」など各社から販売されています。オロナミンCが1本AED2.95(約88.5円)、10本AED26(約780円)、ポカリスエットの500mlペットボトルがAED3.50(約105円)、レモンウォーターの500mlペットボトルがAED5.00(約150円)、瓶のビタミンCがAED3.50(約105円)といった価格で売られています。レッドブルがAED6(約180円)に対して日本の飲料は比較的リーズナブルであるという点も普及している所以なのでしょうか。

「家庭にオロナミンCを常備している」、「冷蔵庫の一列がオロナミンCで埋まっていて、食事中に一緒に飲む」という話を耳にすることもあります。

 

 

ドバイではお酒を飲んでいる雰囲気を味わえる?

ドバイでは、イスラム教の教えでお酒は禁止されていますが、ノンアルコールのお酒がたくさん売っています。ノンアルコールのお酒は手軽に買える場所にあり、ほとんどのスーパーで購入することが可能になっています。

価格も瓶の形状のものですと日本円にして約100円と価格も手ごろな値段です。

 

 

 

ここがポイント!

UAEは7つの首長国で構成され、各首長国の食品管理局(Food Control Department)または食品管理庁(Food Control Authorities)が各首長国政府の規則に基づいた輸入・流通管理を行っています。当社は市場実態などのマーケティングから流通経路、販売方法、現地輸入規則と留意点に即した諸手続き、現地でのプロモーション活動など実務作業もワンストップでサポートいたします。各社に合わせたサービス展開を行っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×