ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  活用しよう『助成金・補助金』
海外進出におけるメリットとは?
TOP >  ドバイビジネス >  活用しよう『助成金・補助金』
海外進出におけるメリットとは?

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

やまさん

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年11月18日

ドバイビジネス

活用しよう『助成金・補助金』
海外進出におけるメリットとは?

助成金と補助金

今回は、助成金・補助金(特に補助金)についてのご紹介します。

助成金・補助金は政府が民間企業に対して給付するもので、返済の義務はありません。

そのため、資金繰りに非常に有効です。しかし、実際にはあまり理解されていなかったり、これらの違い認識されていない方も多いように見受けられます。

 

わかりやすく言いますと、

『助成金』は、『人』に対して出るもので管轄が『厚生労働省』、

『補助金』は、『事業』に対して補助してもらえるもので『経済産業省』や『各省庁、地方自治体』などが管轄しています。

 

hojo_image02

 

MAXは50億円???

経済産業省や中小企業庁、中小企業振興公社、農林水産省などの省庁系から財団、財閥関係、そしてgoogleまで様々な機関、企業が補助金を出しています。これらを合わせた数はなんと3,000種類にも及ぶと言われています。そして実際に受給できる額も実に様々であり、1件あたり5万円から50億円というものまであります。

 

また、助成金は要件を満たせば基本的に受給できるのに対し、補助金はその種類によりますが、一般的に採択率は3割程度だといわれています。

 

image_josei03

 

 

重要なのは採択されること『採択率は約3割』

つまり、補助金は要件を満たせばいいというわけではなく、予算の中で、よりその補助金の目的にあった申請書、事業計画を作成し、加点要素を網羅しているもののほうが採択されるのです。

 

ちなみに2016年6月6日に発表された、平成27年度補正予算「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」は採択率が32%でした。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2016/160606mono.htm

 

餅は餅屋に

今回、当社として海外進出に活用できる補助金の申請を行うにあたり、【採択率が7割】という実績を持つコンサルチームにサポートしていただくこととなりました。

補助金は自分たちでも申請は可能ですが、前述したとおり、見せ方次第でもあります。

・もらいたいけれど自社が対象になるかどうかわからない、

・なかなか資料をまとめている時間がない

という企業様も多くあるかと存じます。

この機会に是非、少しでも興味を持っていらっしゃる企業様にそちらのチームをご案内させていただくことも可能です。

 

ココがポイント!

「採択率」と「加点要素」です。

いかに採択をとれるようにプロジェクトを考え、そして実行していくか。それにはプロのアドバイスが重要です。弊社を通してのご依頼の場合、通常よりお安く申請代行を依頼できたり、通常、有料オプションでのサービスの一部を無料で受けることも可能です。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×