ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  「命の木」デーツと
日本のソース
TOP >  ドバイビジネス >  「命の木」デーツと
日本のソース

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

YUKI

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年8月18日

ドバイ生活

「命の木」デーツと
日本のソース

デーツとは

デーツは「ナツメヤシ」の実です。

ナツメヤシはアラビア半島を原産とし世界で最も古くから栽培された木の一つと言われています。

実を食用とするほか、幹は建材に、枝は家の塀、壁、屋根に使い、さらに種からとれる油は石鹸や化粧品としても、用いることができます。

 

一切無駄になるところがないこの木はその地に住む人々の生活を支えてきました。

特に実は、栄養価が高く長期間保存できることから、非常に重宝されています。

 

デーツとは、この実が熟して柔らかくなったところを摘んで干したものを言います。

 

images

 

日本でも注目されるデーツ

近年、日本でもデーツに含まれる食物繊維や鉄分の高さから代謝改善などが促進されることや、その他含まれる多くの栄養素により美を保つ効果があることが期待され、ダイエットフードとして注目されつつあります。

天然の甘味が、ダイエット中の食事につきものの「もの足りなさ」を補うことができるのもポイントです。

 

意外!あのソースにデーツが!

実はデーツは、日本人に馴染み深い、あるソースに含まれています。

それは、「お好み焼きソース」です。

 

オタフクのホームページによると、「オタフクとデーツの出逢いは1975年で、お好みソースの独特のうまみ、コク深い甘みを求め、試行錯誤のすえたどり着いたのがデーツ」だったとのことです。

 

「デーツ」と「お好み焼き」で、中東と日本がコラボレーションしていたのですね。

 

ここがポイント!

中東と日本では気温や環境が異なることから、そこに生息する動植物も変わり、違う食文化を築いてきました。

それは、中東にないものが日本に、日本にないものが中東にあるということです。

私たち日本人が好む味を中東の実が作り出すように、中東に住む人々たちが好む味は、日本の意外な食品が作り出すのかもしれません。

何が好まれるのか、どのように日本製品をローカライズしていくのか、それには現地の情報が鍵となります。

私たちは、日々、現地であらゆる方法でテストマーケティングを行っております。

ご興味がございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×