ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  需要はあるのか!?
ドバイで自転車
TOP >  ドバイビジネス >  需要はあるのか!?
ドバイで自転車

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

YI

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年7月20日

ドバイマーケティング

需要はあるのか!?
ドバイで自転車

ドバイと日本の自転車

ドバイと聞いたときに、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

お金持ちが多い灼熱の国をイメージをされる方が多いのではないでしょうか。

そんなドバイへ向けて、日本の自転車を輸出したいとの相談をいただいたことがあります。

そもそもドバイのお金持ちは自転車に乗るのだろうか?そうでなくても灼熱のドバイで自転車に乗る人はいるのだろうか?

 

色々な疑問が湧く中で、私はドバイにおける自転車の市場性を調べてみる事にしました。

 

bike_image

 

ドバイの交通事情

交通渋滞はもはやドバイ名物とまで言われており、ドライバーにとっては悩みの種となっています。

特に朝夕の通勤時間帯は、より混雑しています。

そして、その慢性的な渋滞は、ドバイの交通事故を頻発させる大きな原因であり、深刻な問題となっているのです。

 

ドバイ自体が小さなエリアにビジネス・観光が凝縮した街で、自転車での移動も不可能ではないと考えると、無駄な事故・トラブルを避けたい人は、自動車よりも自転車を選ぶかもしれません。

 

ただ、やはり気候の問題もあり、移動手段として自転車を活用することは難しそうです。

現在の自転車の主な消費者層も、自動車を購入できない所得者層がほとんどです。

 

日本の自転車がドバイに入る一番の理由は、あくまで、ドバイを中継して中近東・アフリカへ再輸出するためであり、実際のところドバイで移動手段として自転車に乗る人を見る機会はまだ少ないのが現状です。

 

bike_image01

 

ここがポイント!

それではドバイでは、自転車の需要はないのでしょうか。

私はそうとは言い切れないと考えています。

ローカルと言われる現地出身の人は、移動手段として自転車を利用することはほぼありませんが、エクササイズを目的として乗ることはあるようです。

その背景として、ドバイの成人の約3割が糖尿病と言われており、特に国民全体の6割程度が肥満か糖尿病、もしくは両方を患っている深刻な現状があるのです。

 

日本の子供にとって自転車は、とても身近な存在であり行動範囲を広げてくれる大切な相棒です。

ドバイの子供達にも、自転車の普及によって健康的に育ってもらいたいなと思います。

安心、安全、健康的な日本の自転車をドバイに!!

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×