ドバイを中心とした海外進出ができる。3000社以上の支援経験

虫眼鏡 検索窓

×

TOP >  海外で売上を作るために超えるべきハードルとは?
TOP >  ドバイビジネス >  海外で売上を作るために超えるべきハードルとは?

ドバイビジネス

記事カテゴリ

記事を絞る

目的から探す

海外販路開拓についての
お問合せ・無料相談

ドバイビジネス最新記事

この記事を書いた人

イソロク

記事閲覧ランキング

直近1週間直近1ヶ月

2016年7月20日

ドバイビジネス

海外で売上を作るために超えるべきハードルとは?

ここ最近、海外進出する日本企業の数が年々増加傾向にあります。

外務省のレポートによると、平成26年10月時点では過去最高となり、平成25年と比べると7.5%も日本企業の進出が伸びている事が分かります。

 

海外進出をしている日本企業

参考:http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_002235.html(外務省-海外在留邦人数・進出日系企業数の調査結果)

 

そんな中、実際に海外進出をしている企業様から話を聞くと、頻繁に「英語の問題」が挙がってきます。

「自社の商品説明を英語で出来ない」

「日本語なら会社説明は何時間も出来るけど、英語では何も言えない」

「そもそも、英語で挨拶することもままならない(笑)」

など様々な悩みを聞きますが、この「英語の問題」は日本企業が勝手に感じている問題なのでは?と思って調べてみるとなんと驚きの結果が・・・

 

TOEFL(英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテスト)では、なんと日本は163ヶ国中135位。アジアの中でも30ヶ国中27位と思った以上に低いことがわかりました・・・

 

日本の英語力

参考:http://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/san_gaku_kyodo/sanko1-3.pdf(経済産業省-産業人材-参考資料より抜粋)

 

ここがポイント!

上記で見て頂いたように、「海外進出をしている企業が増えている反面、日本の英語力はまだまだ低い水準」である事が分かります。

弊社では海外進出をする際のフィジビリティースタディーと言われる事前市場調査を受けております。

特にドバイでは英語を始め現地の言葉を話せる社員を駐在させておりますので、ドバイを拠点として海外販路を作りたい企業様はお気軽にご相談くださいませ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

当社の海外進出支援サービスに興味をお持ちの方は
まずはご相談を。

お問合せ・無料相談
はこちらから

定期的に海外ビジネス情報を配信。グローバルパートナーズ・メルマガ無料会員の【特典】

現地駐在員だからわかる情報も豊富に盛り込まれております。
「海外進出を考えている方」や「まだ考えていない方」もまずは登録しましょう。

  • 海外バイヤー
    引合情報

  • 最新海外
    ビジネス情報

  • 現地業種別
    市場レポート

  • 海外進出
    事例

  • 主催セミナー
    無料案内

≫無料メルマガ登録はこちら≪
無料相談・お問合せ ×